固定費と変動費って何?どっちを節約すべき?

固定費と変動費って何?どっちを節約すべき?

固定費と変動費って何?

 

 

「固定費」と「変動費」というのはご存知ですか?

 

家計簿をちゃんと付けている方や節約に関する情報収集をされている方ならご存知でしょう。

 

固定費とは、「毎月決まった金額を払う出費」のことです。

 

固定費の具体的な例を挙げると、

 

・家賃、住宅ローンの返済費用
・駐車場代
・生命保険
・医療保険
・自動車保険
・塾や習い事の月謝
・インターネットや電話料金の定額部分
・定期購入している新聞や雑誌
・年会費(クレジットカードなど)

 

などが該当します。

 

これらの費用は毎月(毎年)同じ費用を支払うもので、その契約をしている限り払い続けなければなりませんよね。

 

 

次に、変動費とは「毎月いくらになるかわからない出費」のことです。

 

変動費の具体的な例を挙げると、

 

・食費
・水道光熱費
・ガソリン代
・携帯電話や固定電話の通話料金
・衣服費
・美容費
・娯楽費

 

などが該当します。

 

これらの費用はその月によって出費の金額が変わります。

 

食費であれば、外食が増えれば当然金額が上がりますし、水道光熱費も夏や冬はエアコンを使用することで高くなったりしますよね。

 

電話料金なども話せば話すほど、金額は膨れ上がります。

 

では、固定費と変動費のどちらを節約すると効率的なのでしょうか?

 

 

固定費と変動費のどちらを節約すべき?

 

一般的に節約というと、

 

・食費を削る
・水をムダ遣いしない
・電気をこまめに消す
・エアコンを使い過ぎない

 

といったことを思い浮かべるのではないでしょうか?

 

これらは典型的な変動費にあたりますよね。

 

こうした節約は確かに節約をしているという意識も持ちますし、とても大切なことです。

 

ですが、このような節約はどうしても途中で疲れてしまいがちです。

 

 

頑張って節約して数百円浮かすことができた、それはそれで立派なことです。

 

ただし、残念ながら労力の割には高い効果は期待できないでしょう。

 

 

効果が高いのは「固定費」の節約

 

 

より効果的に節約したいと考えるのであれば、「固定費」を見直すことが大切です。

 

毎月決まった金額を支払うため、節約の余地がないと感じているかもしれませんが、

 

この固定費を見直すことができれば無理なく節約することが可能です。

 

たとえば、毎月の家賃。

 

今家賃に10万円払っている場合に、9万円の家賃で住むことができる家に引っ越したらどうなるでしょうか?

 

毎月1万円、年間では12万円もの節約になります。

 

1万円を食費で減らそうと思ったらとても大変なことですよね。

 

このように固定費を見直すことは節約する上で、とても効果が大きいです。

 

引越しを伴うような家賃を減らすといったことは実際すぐには難しいかもしれませんが、
携帯電話の料金プランの変更などはすぐに可能です。

 

また、新聞や習い事など、それらが本当に必要かどうかを考え直すことも大切です。

 

固定費は一度見直しをすれば、その後も節約効果を期待することができますので、我慢や無理をしなくても続けることが可能ですので、ぜひ検討してみてくださいね。