食費を節約

食費を節約するコツとは?

どうやって食費を節約していますか?

 

 

節約の王道といえば、「食費」と考える人も多いのではないでしょうか?

 

・外食を減らす
・高い食材を買わない
・おやつを減らす

 

これらは手っ取り早い方法ですし、短期間でみれば効果はあるかもしれません。

 

ですが、長期的に見た場合、あまり賢い節約とは言えません。

 

 

節約疲れを引き起こす原因に

 

 

外食は確かにお金もかかりますし、栄養的にも心配なこともあるでしょう。

 

ですが、だからといって全くメリットがないわけではありません。

 

外食でしか味わえない雰囲気というのもありますよね。

 

旦那さんと二人であれば、外でのデートを味わえますし、お子さんがいる場合、
お子さんにとっては普段とは違う食事でとても楽しい時間になることでしょう。

 

また、他の人が作った食事を味わうことで、こういう味付けをすればいいのかという参考にもなります。

 

もちろん、外食の頻度が多いのであれば減らす必要はありますが、月に何回かなど、たまの外食であれば無理して節約する必要はないでしょう。
また、少しでも安く買いたいからと遠くのスーパーに行ったりして、頑張って節約しているという気分になるかもしれません。

 

でも、遠くのスーパーに行く場合、車であればガソリン代などが当然かかります。

 

時間が掛かることでちょっとコンビニでコーヒーを買ったりすることもあるかもしれません。

 

何より、「時間」という大切な物を失っています。

 

普段の食費を節約して高いお肉や食材は買わないという方もいるかもしれません。

 

ですが、頑張って毎日お仕事している旦那さんにたまには家でおいしいご飯を食べさせてあげたくないですか?
育ち盛りのお子さんにおいしいご飯をお腹いっぱい食べて欲しいと思いませんか?

 

このように過度な節約をしていると、あなたも家族も疲れてしまいます。

 

 

食費の節約のコツは?

 

 

食費を節約するコツ、それは「楽しむこと」、そして「無駄を省くこと」です。

 

毎日毎日、節約ばかり考えていては楽しくないどころか疲れてしまいます。

 

たまには外食をしたっていいんです。

 

たまには家でステーキなどを食べたっていいんです。

 

それでも外食に比べれば、安上がりですし、食材の産地などもわかっていますから安心です。

 

楽しみながら節約することが大切です。

 

また、いくら安い買い物をしても、使いきれずに余らせてしまえば結局単価で考えれば高くついてしまいます。

 

必要な量を必要な分だけ買えば、無駄を省くことができます。

 

 

このように、当たり前のことばかり書いてきましたが、それくらい間違った節約をされている方が多いということです。

 

ぜひ、疲れない程度に楽しみながら節約をしてくださいね。